トップページ > 城東園について:施設概要

施設概要

済生会小史

明治44年2月11日、明治天皇は、時の総理大臣桂太郎を召されて「恵まれない人々のために施薬救療し、済生の道を弘めるように」との済生勅語に添えてお手元金150万円を下賜された。桂総理はこの御下賜金を基金として全国の官民から寄付金を募って同年5月30日恩賜財団済生会を創立した。以来今日まで103年、政治・経済・社会情勢の変化に伴い、存廃の窮地を乗り越えるなど幾多の変遷を経ながらも、本会は創立の精神を引き継いで保健・医療・福祉の充実・発展に必要な諸事業に取り組んできた。

戦後、昭和26年に公的医療機関の指定、同27年に社会福祉法人の認可を受け、現在、社会福祉法人恩賜財団済生会となっている。

総裁 秋篠宮殿下 本部 東京
会長 豊田章一郎 支部 40都道府県
理事長 炭谷 茂
施設数
病院 79 障害者福祉施設 8
診療所 21 看護師養成所 8
介護老人保健施設 29 訪問看護ステーション 51
救護施設 2 地域包括支援センター 22
児童福祉施設 22 地域生活定着支援センター 3
老人福祉施設 121 その他 5
合計 371

さらに巡回診療船「済生丸」が瀬戸内海の65島の診療活動に携わっている。職員数は全国で約5万6千人。
(施設数は平成26年4月1日現在)

施設の概要

名称 社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会
野江特別養護老人ホーム城東園
所在地 大阪市城東区今福東2丁目2番25号
設立年月日 昭和63年4月1日
設置主体 社会福祉法人恩賜財団済生会
事業内容 (1) 施設入所事業 定員100名
(2) 短期入所生活介護事業
(ショートステイ)
定員8名/1日
(3) 通所介護事業
(野江デイサービスセンター)
定員18名/1日
(4) 居宅介護支援事業
(5) 在宅介護支援センター事業(鯰江地域在宅サービスステーション)
施設長名 秦 英二
職員数 92名(非常勤含む)但し調理員は外部委託
建物 鉄筋コンクリート造地上3階建一部塔屋4階

沿革

昭和63年 4月1日 特別養護老人ホーム 城東園 開設
10月1日 短期入所生活保護事業・デイサービス事業(B型) 開始
平成 6年 3月1日 老人介護支援センター(ステーション)事業 開始
平成11年 4月1日 ホームヘルパー派遣事業 開始
平成12年 4月1日 居宅介護支援事業 開始
介護保険制度施行に伴い、各在宅事業名称変更
  • 短期入所生活保護事業 → 短期入所生活介護事業
  • デイサービス事業 → 通所介護事業
  • ホームヘルパー派遣事業 → 訪問介護事業
平成15年 8月1日 : 訪問介護事業 施設外に移転し、単独事業となる

職員配置

平成27年4月1日現在

施設長 1 生活相談員【特】 2 生活相談員【在】 1
管理栄養士 1 介護職員【特】 36
(6)
介護職員【在】 2(4)
訪問介護員 2(4) 看護職員【特】 4
(1)
看護職員【在】 (1)
宿直員 (3) 介護支援専門員【特】 1 機能訓練指導員【在】 [(1)]
運転手 (4) 機能訓練指導員【特】 1
[(1)]
介護支援専門員【在】 2
  介護助手【特】 (1)  

※【特】は特養 【在】は在宅 ( )数字は非常勤・パート・派遣職員 [ ]は再掲

※調理員は委託

 

文字を大きくする文字を小さくする