ホーム病院について診療科のご案内 › 脳神経内科

脳神経内科

診療内容

脳神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の内科的な疾患を取り扱います。外来に来られる患者さんの訴えで多いのは、1)頭痛 2)手足のしびれ(感) 3)ふらつきやめまいです。このような症状でお悩みの方は、ぜひ脳神経内科を受診してください。
また、大阪市認知症疾患医療センター連携型に認定されてから、物忘れ、認知症の疑い等で受診される方も増えてきました。認知症の診療には非常に時間がかかるため、かかりつけ医院から予約をとってもらってから受診してください。

私たちは診察の後、血液検査・画像検査・電気生理学的検査などを行って診断し、必要に応じて入院のうえ治療を行っています。

当科で診療している主な疾患は、脳血管障害(いわゆる脳卒中)、髄膜炎・脳炎、パーキンソン病やアルツハイマー病、てんかん、ギラン・バレー症候群などです。たとえば、脳梗塞では病期、病型、重症度に応じて、抗血栓療法や血栓溶解療法、脳保護療法を組み合わせて治療を行います。また、リハビリテーション科の協力を得て、早期よりリハビリテーションを開始しています。長期にわたるリハビリテーションを必要とされる方には、大阪脳卒中医療連携ネットワークを通じて回復期リハビリテーション病院をご紹介します。ギラン・バレー症候群や重症筋無力症などの免疫性神経疾患は、症状に応じて免疫吸着療法や免疫グロブリン静注療法を行い、早期の社会復帰が可能となっています。

このページの上へ

患者の皆さまへメッセージ

早期診断、早期治療が基本方針です。より良い医療を目指して、入院された場合は、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ケースワーカー・医師などが患者さんひとりひとりについて総合的に話し合い、早期退院を目標としています。 

一次脳卒中センター(PSC)に認定されました

当院は、一般社団法人日本脳卒中学会より一次脳卒中センター(PSC)に認定されました。

一次脳卒中センター(PSC)とは

「地域医療機関や救急隊からの要請に対して、24時間365日脳卒中患者を受け入れ、急性期脳卒中診療担当医師が、患者搬入後可及的速やかに診療(rt-PA静注療法を含む)を開始できる」施設のことです。
→詳しくはこちら(外部リンク:一般社団法人日本脳卒中学会)

このページの上へ

診療担当・日時

 
午前 C-4 予約外来
河野
河野 予約外来
河野
予約外来
十川
河野
C-5 岡田 予約外来
前田
前田 担当医 予約外来
岡田
午後   - - - - -

→休診・代診のお知らせ

このページの上へ

診療実績

外来・入院延べ患者数および新入院患者数と疾患内訳 2019年度

(単位:人)

外来延べ患者数
8,626
  新患者数
634
  (紹介患者数)
(365)
入院延べ患者数
7,448
新入院患者数 脳血管障害
192
髄膜炎・脳炎
16
てんかん
35
パーキンソン病・症候群
22
脊髄小脳変性症
6
運動ニューロン疾患
6
脱髄疾患
3
末梢神経障害
7
筋疾患
1
脊髄疾患
2
その他
55
345
検査数と内訳 2019年度

(単位:件)

脳波
557
NCV(神経伝導速度)
123
EMG(筋電図)
28
SEP(体性感覚誘発電位)
0
VEP(視覚誘発電位)
0

このページの上へ

スタッフ紹介

photo 部長兼脳卒中センター副部長 河野 隆一

[専門医・認定医]
日本神経学会(神経内科専門医・指導医)/
日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医)/
日本認知症学会(専門医・指導医)

photo 医長 岡田 洋一郎

[専門医・認定医]
日本神経学会(神経内科専門医)/
日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医)

photo 医員 前田 和彦

[専門医・認定医]
日本神経学会(神経内科専門医)/
日本内科学会(認定内科医)

photo 医員 橋本 大輝

 

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする