トップページ > 学校長あいさつ

学校長あいさつ


2022年10月31日をもって勇退された堂前尚親先生の後任として着任いたしました、大阪府済生会野江医療福祉センター総長の三嶋理晃です。素晴らしい野江看護専門学校の増々の発展に寄与したいと思います。宜しくお願い申し上げます。

本校は平成6年4月に開校して以来、令和3年(2021年)度の第26期まで1,155名の卒業生を送り出し、看護師の国家試験ではトップクラスの実績をあげて来ました。

近年、医療の高度化や医療技術の目覚しい進歩に伴い、看護師には医学と看護学の幅広く高度な知識と技術が求められ、さらに患者さんと身近に接して寄り添い支える重要で崇高な役割を担っています。医療制度の改革など医療・福祉を取り巻く環境の目まぐるしい変化と少子高齢化が進む我が国では、看護師に求められる仕事は多岐に渡っており、その役割は重要で社会から大きな期待が寄せられています。

本校は、医療・保健・福祉に関する幅広く質の高い教育と、母体である大阪府済生会野江病院での実習による、きめの細かい実践的な看護教育を行っています。患者さんの立場になって患者さんのために考える豊かな感受性と人間愛あふれる心優しい、そして一人一人が自ら考えて積極的に自己研鑽に励み社会に貢献する優秀な看護師を育成し送り出したいと考えています。

3年間の勉学中には、様々な悩み事に出会うかも知れませんが、心身共に充実した楽しい学生生活を送れるように、職員一同は出来る限りの支援をしていきます。

看護師になろうと決心した時に抱いた「人のためになりたくて看護師になる」という素晴らしい決意が実現できるように成長されることを願っています。

文字を大きくする 文字を小さくする