ここがいい!野江病院

医療安全推進委員会の取り組み

当院は、患者さんとスタッフが安全で安心できる環境をつくるため、医療安全推進委員会を設置して環境の向上に取り組んでいます。医療事故防止の対策とマニュアル作成、職員の教育・研修などによって院内のインシデント・アクシデントは激減しています。

西内 ゆかり

安全な環境をつくるため、問題および事故要因の明確化を追求

医療安全推進室専従の看護師長として、患者さんとスタッフの安全を守るため、院内の安全環境改善に取り組んでいます。
私たち医療従事者は毎日緊張のなか業務にあたっています。「人は必ず間違える」とあるように、どんなに注意していても思い込みやちょっとした勘違いがアクシデントにつながることがあります。
そんな時、ミスをしたスタッフは自分の不注意を責めてしまいがちですが、「誰が悪かった」と問うのではなく、「何が悪かったか」の原因追求をするよう安全管理に努めています。

すべては患者さんに「この病院に来てよかった」と思ってもらえる看護を実践するため

インシデント・アクシデントが発生すると、実際の現場に足を運び、当事者がどのような手順で看護を行ったのかを確認するよう心がけています。そして明らかになった情報や問題点をリスクマネージャーと共有し、職場全体の問題としてとらえて解決策を話し合っています。
まだまだ試行錯誤の段階で、時には現場のスタッフと意見をぶつけ合ったり、厳しく接することもあります。でもそれは、患者さんに「この病院に来てよかった」と思ってもらえる看護を実践するため。これからもスタッフのリスク感性を育て、安全風土が定着するよう関わっていきたいと考えています。

チカラを合わすことでもっと高まる看護力 チーム医療の取り組み

患者さん中心の医療サービスをご提供するために、当院は各部門・診療科が協力するチーム医療を実践しています。そして地域医療機関の医師との連携を深め、地域における急性期医療にも大きく貢献しています。また、各領域のスペシャリストである認定看護師が活躍し、レベルの高い看護を行っています。

看護部では以下のチーム体制で患者さんのケアにあたっています。医師・認定看護師・指導士を中心とした各分野のスペシャリストと連携し、科学的根拠に基づく看護を行うと共に、看護スタッフのスキルアップを図っています。

1.NSTチーム(医師、管理栄養士、事務と協働)
2.褥瘡管理チーム(医師、その他医療チームと協働)
3.緩和ケアチーム(医師、その他医療チームと協働)
4.化学療法チーム(医師、薬剤師と協働)
5.感染防止チーム(医師、薬剤師、検査技師と協働)
6.糖尿病ケアチーム(医師、管理栄養士と協働)

柏原 恵美

患者さんがその人らしく生活できるように

皮膚・排泄ケア看護は、皮膚を清潔にして護ること、皮膚の問題の予防・早期発見など、スキンケアを中心とした看護です。さらに病棟やオストミー外来でストーマケアに取り組むとともに、褥瘡対策委員会のメンバーとして組織横断的な活動をしています。看護をしていて嬉しく感じるのは、自分のケアや指導によって患者さんの症状が良くなった時です。これからも患者さんがその人らしく生活できるようなお手伝いをしたいと思います。

佐藤 友治

看護の実践レベルを高めることが使命

2007年に救急看護認定看護師の資格を取得し、現在は集中治療室と救急外来で業務にあたっています。そして、看護部教育委員会が開催する研修や、看護学校での講義などの講師も務めています。近年の医療技術の進歩はめざましく、看護ケアの第一線も拡張しています。私は認定看護師として、看護の実践レベルを少しでも引き上げなければと思っています。そのために活動の中心を現場に置き、患者さんに近い立場でがんばりたいです。

渡邉 美貴

患者さんの気持ちに寄り添い、耳と心を傾け支援

緩和ケア=がんの終末期を思われる方が多いかもしれませんが、緩和ケアとは、がんの診断からどの治療段階でも、がんと共に生きているすべての過程にある患者さんとそのご家族に提供されるものです。具体的には、がんに伴う苦痛症状をあらゆる視点で緩和し、よりQOLを向上させることを目的として行われるケアです。がん対策基本法の制定により、早期からの緩和ケアの実践が法令化されました。当院でも緩和ケアチームを中心に緩和ケアの実践強化に取り組んでいます。私は、病棟勤務の傍ら、緩和ケアチームの活動をしています。
より身近で患者さんの声を聴くことができる看護師の特性を活かし、患者さんがその人らしく生きることができるよう、患者さんの気持ちに寄り添い、耳と心を傾け支援しています。

看護ケア外来の取り組み 患者さんに寄りそった看護を

近年、がんや糖尿病などの慢性疾患の増加に伴い、これらの症状とどうつき合って行くかが大きな問題となっています。私たち看護スタッフは日々患者さんと接する中で継続する看護の必要性を感じ、さまざまな分野のスペシャリストが協力して行う「看護ケア外来」を行っています。

1. 糖尿病ケア(フットケア外来)
糖尿病外来、糖尿病療養指導士、フットケア講習会修了者
2. ストーマケア
外科外来、皮膚・排泄ケア認定看護師、ストーマケア講習修了者
3. 母乳外来
助産師、乳房ケア講習会修了者
4. 育児サークル
助産師、マタニティーヨーガ研修終了者