ホーム病院について › 院内イベント・研修 インデックス

院内イベント・研修 インデックス

【18.03.12】マグノリア・ワーク 健康相談会

写真野江医療福祉センターでは、地域における公益的な取り組みの一環として地域社会貢献事業「マグノリア・ワーク」の活動を行っています。この活動は、センターに属する野江病院、城東園、野江訪問看護ステーション、野江居宅介護支援事業所が共同で、地域の医療・看護・介護福祉機関および行政機関と連携・協働して「日常生活または社会生活上の支援を必要とする地域住民」に対して、健康相談を含めた生活相談を実施し、地域住民の健康増進とQOLの向上に寄与することを目的としています。マグノリア(木蓮)は、城東区の「区の花」です。

写真3月12日(月)には、城東区菫・鯰江東地域包括支援センターと連携し、関西スーパー店内の「ゆうゆう広場」で健康相談会を開催しました。10時から2時間ほどの開催でしたが、開催前から楽しみにしていただいていた方、買い物帰りに立ち寄っていただいた方など、たくさんの地域住民の方にお越しいただき、会場は常に満席の状態でした。血圧測定や普段はなかなか知ることができない血管年齢・肌年齢・骨密度を測定して、ご自分の結果に驚かれたり、看護師に真剣な表情でご相談をされたり、皆さんの健康への意識の高さを伺うことができました。

今後も安心して地域で暮らし続けられるよう、住民の方々の声に耳を傾け、地域貢献に取り組んでまいります。

【18.03.04】東大阪市消防局より感謝状

写真当院は、救急業務に深い理解を示し、二次医療圏外の東大阪市における救急行政の円滑な推進に尽力し市民福祉の増進に寄与したとして、東大阪市消防局より感謝状をいただきました。

3月4日(日)には、火災予防などで功労が認められる個人や団体を表彰する「自治体消防制度70周年・平成29年度東大阪市消防表彰式」が東大阪市消防局防災学習センターで行われ、当院の松山事務部長が出席し、唯一、救急業務協力医療機関として東大阪市消防局長より感謝状を受け取りました。

今後も、より一層救急業務に励み、地域医療に貢献して参ります。

【18.03.02】脳卒中教室

当院大会議室で「第7回脳卒中教室」を開催いたしました。

「脳卒中の貴重な情報」というテーマで、当院神経内科専門医 河野隆一医師、リハビリテーション科 河野通正理学療法士、医療社会福祉課 久德ミア社会福祉士によるスライド講演を行いました。脳卒中の種類や症状、予防対策、具体的な理学療法、脳卒中に関連する福祉制度や病院同士の連携体制について、それぞれ解説いたしました。参加者の皆様からは「役に立つ話が聞けて良かった」「食事に気をつけます」「大切な話だった」などの感想をいただきました。

今後も活動を継続し、皆様の健康維持増進のために、脳卒中に関する貴重な情報を発信していきたいと思います。

写真 写真

【18.02.24】大阪糖尿病と足病変管理について考える会

写真糖尿病の合併症のひとつとして、足病変があります。重症になると足を切断しなければならないことがありますが、日々のケアで足病変の予防につながります。

毎年恒例の「第10回大阪糖尿病と足病変管理について考える会」を梅田APホールで開催し、97名の医療関係者が参加されました。

写真2部構成で1部では当院副院長兼糖尿病・内分泌内科部長 安田浩一朗医師による講演「最近の2型糖尿病治療について」があり、特別講演として東京から足のナースクリニック代表 西田壽代先生をお呼びし「糖尿病高齢者とフットケア」をご講演いただきました。2部では、上級編と初級編に分かれ、上級編では当院形成外科部長 南方竜也医師、フットケア看護師がフットケア外来の紹介、実際の足病変の写真を用いて症例発表を行いました。初級編では参加者がお互いの足で実技を行いました。

今後も患者さんの足を守るため、さらに学びを深めていきたいと思います。

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする